空想曲線

吉里吉里2/KAG3でのゲーム制作に使える小ネタ置き場。ゲーム用素材も置いてます。

吉里吉里/KAG:ズームプラグインで遊ぼう  

2011-02-27
2017-06-16
cm0
tb0

KAG3フォルダ内の plugin に入っている「zoom.ks」。
レイヤを拡大縮小しながら表示または消去させるプラグインです。

小酒井不木作品集ではスタッフロールに使用したのですが
普通の使い方しかしていないので、少し遊んでみることに。
使用するのは fgzoom の方です。

■fgzoomタグの属性

ちょっとややこしいけど覚えれば簡単です。

storage ― 表示する画像ファイル名
layer ― 画像を読み込む前景レイヤ
sw ― ズーム前の画像の幅
sh ― ズーム前の画像の高さ
st ― ズーム前の画像の top 位置
sl ― ズーム前の画像の left 位置
dw ― ズーム後の画像の幅
dh ― ズーム後の画像の高さ
dt ― ズーム後の画像の top 位置
dl ― ズーム後の画像の left 位置
time ― ズームにかける時間
accel ― ズームの加速度

頭に「s」がついてるのがズーム前、「d」がズーム後です。
その後ろは「w=width」「h=height」「t=top」「l=left」を略しただけ。簡単簡単。



■基本的な使い方

640 x 480 の画像を画面中央を中心として 800 x 600 にズームさせます。
画面のサイズを 640 x 480 と仮定すると、sw,sh,st,sl の値は次のようになります。

sw=640sh=480st=0sl=0

これを 800 x 600 にしたいので dw=800dh=600

dt、dl の求め方は( ズーム後の大きさ-ズーム前の大きさ ) / 2 なので

top =( 600 - 480 ) / 2 = 60
left =( 800 - 600 ) / 2 = 80

実際はマイナスになるのでdt= -60dl= -80 を指定します。
これで画面中央を注視点にしてどど~んとズーム。


図にするとこんなカンジ。

スクリプトは

[fgzoom storage=hoge layer=0 sw=640 sh=480 st=0 sl=0 dw=800 dh=600 dt=-60 dl=-80 time=1000 accel=0]

hoge という画像をレイヤ0に読み込んで、800 x 600 の大きさに 1000 ミリ秒でズーム。

ズームの終了を待つときは[wfgzoom]
スキップ可にするときは[wfgzoom canskip=true]で(デフォルトは false )



■遊んでみた例

画像サイズを 320 x 240 に仮定。中央から左右に開くカンジで。
sw=1、sh=240、st=0、sl=160
dw=320、dh=240、dt=0、dl=0

ズーム前は幅 1px、高さ 240px の画像を top=0、left=160 の位置に表示
ズーム後は幅 320px、高さ 240px の画像を top=0、left=0 の位置に表示

実際はもっとスムーズに動きます。

sl の値はズーム後の幅(320px)の半分+dl です。
ややこしいのでズーム後の位置を0にしてます。

数値を入れ替えれば中央から上下に開くバージョンも。
こんなの。

カットインやコマンド、テキストフレームの表示、その他いろんな活用法があると思います。
失敗したことで思わぬ効果を見つける場合もあるのであれこれ試してみるのも面白いですよ。

移動しながら or 回転しながらズームしたいという凝った動きはできませんが、
拡張プラグインを配布されているサイト様もありますのでご参考までにどうぞ。

いやー、GIFアニメって作るの結構大変なのね。
でもちょっと面白かった(´∀`*)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kopacurve.blog33.fc2.com/tb.php/68-fcab6333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Author

Recent

Category

Link

Comment

Mailform

Twitter