空想曲線

吉里吉里2/KAG3でのゲーム制作に使える小ネタ置き場。ゲーム用素材も置いてます。

吉里吉里/KAG:キャラクタ表示マクロ  

2011-02-06[Sun]
cm0
tb0

久々に吉里吉里/KAGのマクロメモ。
キャラクタの立ち絵を表示するときに使用。
表示位置は左・右・中央の3種類。200ミリ秒でフェードイン。



立ち絵表示マクロ


[macro name=立ち絵表示]
[backlay]

; 左側に表示したい
[eval exp="mp.posx=-150" cond="mp.左"]
; 右側に表示したい
[eval exp="mp.posx= 150" cond="mp.右"]
; leftはデフォルトで0、左なら-150、右なら150
; 表示する前景レイヤは何も書かなければ0

[image * storage=%file layer=%lay|0 top=0 left=%posx|0 oapcity=255 visible=true page=back]
[trans method=crossfade time=%time|200]
[wt]
[endmacro]


使い方


・中央に表示させたいなら [ 立ち絵表示 file=画像 ]
・左側に表示させたいなら [ 立ち絵表示 file=画像 ]
・右側に表示させたいなら [ 立ち絵表示 file=画像 ]

left 位置を微妙に変えたいときは posx=120 のように記述。
また、「*」で image タグの属性をすべて渡してあるので
「あ、ここの立ち絵はモノクロにしたいなー」と思ったら

[ 立ち絵表示 file=画像ファイル名 右 grayscale=true ]

と追加することが可能です。



背景もいっしょマクロ


先ほどのマクロに青字部分を追加します。


[macro name=立ち絵表示]
[backlay]

[if exp="mp.背景"]
[image storage=%bgfile layer=base page=back]
[endif]

[eval exp="mp.posx=-150" cond="mp.左"]
[eval exp="mp.posx= 150" cond="mp.右"]
[image * storage=%file layer=%lay|0 top=0 left=%posx|0 opacity=255 visible=true page=back]
[trans method=crossfade time=%time|200]
[wt]
[endmacro]



使いかた


・背景の変更が必要ない場合→[ 立ち絵表示 file=画像 ]
・背景も一緒に変更したい場合→[ 立ち絵表示 file=キャラクタ画像 背景 bgfile=背景画像 ]



項目が増えた分、少し横長になります。
複数キャラクタと背景を一緒に……となるとさらに長くなってくるので
その辺は作品に合わせて適当に改造してみてください。

次回は zoom プラグインについて書こうかなと思っとります。
使い方次第で面白い効果が作れて楽しいですヽ(*´∀`)ノ


関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kopacurve.blog33.fc2.com/tb.php/65-1b01c053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在のページ

Category

Link

Comment

Mailform

Author

Twitter