空想曲線

吉里吉里2/KAG3でのゲーム制作に使える小ネタ置き場。ゲーム用素材も置いてます。

フリーゲーム:ふりーむ様に「小酒井不木作品集」を登録しました  

2010-11-17
2017-06-16
cm4
tb0

「ふりーむ!」様に「小酒井不木作品集」を登録させていだきました!

◆スクリーンショット(『恋愛曲線』より)
『恋愛曲線』より


「小酒井不木作品集」をDLする(ふりーむ!へジャンプします)


詳細については当ブログ内記事、または「安楽椅子犯人」の「ミステリ」から。
(本作は「安楽椅子犯人」と「空想曲線」の共同作品です)

※なお、本作品はグロテスクな表現を含みますのでご注意ください。


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

DLありがとうございます。
確かに今回選んだ作品は怪奇・猟奇色の強いものがほとんどですね。
白衣危険率の高さ。そのあたりも不木作品の魅力のひとつだと思っています。
ですが「愚人の毒」のような推理ものや、探偵小説も沢山書いていらっしゃいますので
その点だけは誤解のないよう何卒お願いいたします。
コメントいただきありがとうございました。

URL | こ・ぱんだ #-
2010/12/02 00:32 | edit

軽く3つ読み終えて異常文学だなと思いましたがこれが猟奇的かと思い直しました。
「痴人の復讐」は医者が異常で病院には行かないと思わせる問題作。
「恋愛曲線」は心臓を切り出すとかの描写を読みながら脳内から変な物質が止まりませんでした。
現代だと作家の頭がおかしいと言われかねない内容に目からうろこでしたので紹介いただいたことに感謝します。

URL | とくめい #AIlHpmOk
2010/11/30 02:51 | edit

ありがとうございます!

コメントありがとうございます!
さっそくブログを拝見いたしました。
私がレトロな探偵小説に惹かれるきっかけとなったのは学生時代に読んだ、
江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」でした。
大正~昭和初期に発表された探偵小説がもつ独特な香りは、本当に魅力的ですよね。
一緒に作品を作った小野堂さんが個人で制作された夢野久作の「瓶詰地獄」も
おススメですので、よろしければぜひぜひ。

テキストスタジアム(トライアル)DLさせていただきました。野球大好きです!
「白いボールのファンタジー」を口ずさみながらプレイしてきます(`・ω・´)ゞ

URL | こ・ぱんだ #-
2010/11/20 20:13 | edit

はじめまして。
「小酒井不木作品集」、楽しませていただきました。
いきなり頭の悪そうなコメントで恐縮ですが、全編を読み終えて「すごい! すご過ぎる!」と思いました。
全編を読み終えた後、興奮で顔が火照っているのに気がつきました。

私は趣味で制作中のゲームを主題にした、「野球ゲーム趣味」というブログをやっています。
畑違いのように感じられるかもしれませんが、ブログタイトルは乱歩の同人誌「探偵趣味」から、また某動画サイトでのHNは五軒町で、こちらも乱歩の「二銭銅貨」に登場する暗号文から、それぞれ拝借して付けております。
不木や乱歩など、いわゆるレトロな「探偵小説」の魅力には、学生の頃から妙にひかれるものを感じていました。過去、青空文庫の同ジャンルの作品はいくらか読んでいますが、またいろいろ読んでみたいと改めて思いました。
正直、探偵小説通を気取れるほどの知識も深い造詣もありませんが、一応、私のブログでも時々は記事の話題に取り上げています。

次回作も検討されているとのこと、期待せずにはいられません。楽しみにしています。

URL | うずランド #-
2010/11/20 11:09 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kopacurve.blog33.fc2.com/tb.php/24-91d5329e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Author

Recent

Category

Link

Comment

Mailform

Twitter