空想曲線

吉里吉里2/KAG3でのゲーム制作に使える小ネタ置き場。ゲーム用素材も置いてます。

吉里吉里/KAG:imageタグで画面効果  

2011-06-03[Fri]
cm0
tb0

image タグの属性を活用して一枚の画像をあれこれしてみましょう。

元画像はこちら

 

ネコをレイヤ0に、もやんもやんをレイヤ1に使います。
ものすごい勢いでガン飛ばしてますね(・ω・)<この後ネコパンチくらった
以降、このネコがたくさん出てきますので苦手な人はごめんなさい。


基本


[ image storage=neko layer=0 top=0 left=0 opacity=255 visible=true ]
↑に属性を足していきます


 モノクロ:grayscale=true

 回想シーンなどに



 左右反転:fliplr=true

 あまり使い道はないですが



 上下反転:flipud=true

 世界がひっくり返ったときに



 輝度最高値下げ:rceil=50 gceil=50 bceil=50

 「ちょっとマジ暗いんですけどー」

 ※各ceilのデフォルト値は255



 輝度最低値上げ:rfloor=100 gfloor=100 bfloor=100

 「明るすぎるわこのウスノロ」

 ※各floorのデフォルト値は0



 値をちょっと変えると:rceil=100 gceil=30 bceil=30

 「あいつ(魚)ならオレがマルマルモリモリしてやったぜ!」


左から順に
赤ガンマ値上げ:rgamma=3.0
緑ガンマ値上げ:ggamma=3.0
青ガンマ値上げ:bgamma=3.0
  


 色調の反転
 rceil=0 gceil=0 bceil=0
 rfloor=255 gfloor=255 bfloor=255


 「なん…だと!?」



 セピアっぽい
 grayscale=true rgamma=2.1 ggamma=1.5


 これも回想シーン向き



 ちょっとお色気モード:
 rgamma=3.0 bgamma=3.0


 「モフッても…いいのよ」



別のレイヤを重ねてみる


前景レイヤ1と組み合わせてみましょう。

[image storage=moya layer=1 top=0 left=0 visible=true]

レイヤ0をモノクロに、レイヤ1を乗算合成


 「うぉぉ!オレの右手が…言う事をきk(ry」

 レイヤ0:grayscale=true
 レイヤ1:opacity=200 mode=mul


レイヤ1を加算合成

 「なにここ妖精の国?」

 レイヤ0:通常
 レイヤ1:opacity=100 mode=add


レイヤ0と1に同じ画像を読ませ、レイヤ1をオーバーレイ合成

 「コントラストくっきり!白さ際立つ!」

 レイヤ0:通常
 レイヤ1:storage=neko opacity=255 mode=psoverlay



頭に「ps」がついているのはフォトショップ互換の透過モードです。
先にフォトショで確認しながら画像を作るといいかも知れません。

他にも色々な合成があるのですが、全部書ききれないので省略。
あれこれ試してみてください。


関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kopacurve.blog33.fc2.com/tb.php/124-da174fa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現在のページ

Category

Link

Comment

Mailform

Author

Twitter