空想曲線

吉里吉里2/KAG3でのゲーム制作に使える小ネタ置き場。ゲーム用素材も置いてます。

アヴァロンの騎士 第11回 聖戦結果  

2013-10-21
2015-08-26
cm0
tb0

聖戦で召喚獣が使えると思っていたが、そんなことはなかったぜ!
マテリアルの組み方で悩んでたのがアホみたいじゃないか (´ε`;)



ジョブとマテリアル


代わり映えのしないマテリアル構成 (´ε`;)

ジョブ
アルカナロード(アバタ―:魔導学士コルネリウス)
コマンド
センテリュオ、シャドウコンボ、暗黒死霊剣、ヘルソードダンス、ブレイブオーラ
サポート
天馬の手綱、天性の文才、喚起、逆上、諸刃の剣
装 備
火属性+光属性
戦闘力
補正込みで75万くらい

アルカナロードのアバター・魔導学士コルネリウスは
コマンド&サポートスロットを5つまで拡張してあります。
通常攻撃はアルカナロードの《スート・マジック》を使用。

ちなみに、ジョブマスターボーナスによる戦闘力の補正値は
物攻+27.0 魔攻+25.5% 物防+28.0% 魔防+23.5%



大いなる誤算


「召喚獣使えなかったごめんなさい事件」だけではなく
第1戦目を前にして痛恨のミスをやらかしてしまいました。

聖戦ではアルカナロードを使う予定だったにもかかわらず
ジョブの切り替えをうっかりすっかりぽっかり忘れてしまい
育成中のドラゴンナイト(ジョブレベル3)で戦うハメに。

ドラゴンナイトのスロット数は2つのままで何もしていません。
聖戦用に登録しておいたマテリアルがすべて水の泡です。
召喚獣作戦でヒャッハーなどと浮かれていた2日前の私に言いたい。

「今すぐジョブをアルカナロードにしてマテリアルを組み直すんだ!
 一周年イベの装備変更ダルいとかボヤいてる場合じゃねえ!」

なお、ボツになった召喚獣作戦は通常のギルバトなら威力を発揮します。
バトル終盤で召喚獣を呼んで一気に叩き込めば形成逆転も可能です。



聖戦結果


さほど気絶することもなく読み込みの遅延もないまま撃破完了。
むしろ平和すぎて不安になった。もしや私はドMなのか。

攻撃は《ブレイブオーラ》⇒《シャドウコンボ》⇒《スート・マジック》を軸に
テンションが溜まったら《ヘルソードダンス》か《暗黒死霊剣》のパターン。
ヘルソードダンスのダメージ量が60万を突破。やっぱり強いなこれ。

聖戦専用クエストでは召喚獣のイフリートが活躍してくれました。
ボスレベル10辺りまでBP消費ゼロでいけたのは結構大きかったです。

で、ようやく《SSR 魔剣ダモクレス》が星4つになったのですが
ダークムーンがないので LR に進化できません (;ω;`)



ダークムーンとダモクレスについて


専用クエストで特殊レイドボスを自発撃破すると《闇月の欠片》が貰えます。
で、闇月の欠片を30個集めると《ダークムーン》と交換可能になります。
30個までに必要な自発撃破数は次のとおりです。

第1・2部隊|必要な自発撃破数 80
第3・4部隊|必要な自発撃破数 90

※欠片の所持数は次回へ持ち越されるので、一気に30個集めなくても大丈夫です

自分が応援依頼を出して、戦友に倒してもらった場合は数に入ります。
戦友が応援依頼を出して、自分が倒した場合は数に入りません。
数に入らなくても協力しましょう。情けは人の為ならずって言うじゃない。

ダークムーンで進化できるのは《SSR 魔剣ダモクレス》のみです。
最終段階まで進化すると《LR 煌魔剣ダモクレス》になります。

レアリティが SSR から LR に上がるとスキルが変わりますが
SSR のスキルがリセットされてしまうのでご注意ください。

SSR魔剣ダモクレスのスキル【ダークブレイカー】
 装備している全ての無・闇属性武器の物攻と魔攻が特大アップする。
LR煌魔剣ダモクレスのスキル【レーヴェルアドベント】
 この武器の物攻と魔攻が3倍になる。
 武器を最終段階まで進化していれば5倍だドンヽ(・∀・ )ノ

では、今回はこれにて。


ただいま、アヴァロン。  

2013-10-18
2015-08-26
cm0
tb0

6月にいったん隠居した『アヴァロンの騎士』に復帰しました。
以前、お世話になっていたギルドのマスターさんから

(´・ω・)< 聖戦の人員欲しいんだけどさ、ヒマなら参加しねぇ?

と、カムバックコールをもらって一時再開。

聖戦ではページ移動ごとに「頼むから気絶しないで」と必死に祈りながら
度重なる読み込み遅延は仕様、むしろ様式美だとムリヤリ自分を納得させ
ドゥムノニア探索で「ボス硬っ!なにこれ硬っ!!」と大笑いしていました。
その後、そのまま何となく続けている状況です。

いつのまにか戦闘力も80万を超えたので調子に乗っていたら
周囲には戦闘力100万超えの猛者共がワサワサしていました。
これさ、全員でフルボッコしたらモルドレッド倒せんじゃないの。
でも倒しちゃったらアヴァロン終わっちゃうからダメか。

それはさておき、前回のフルムーンイベントを終えて一言。

「ベイリンとエイラは末永く爆発しろ」

もうね、キュンときた (*´Д`)< ベイリン髪の毛長すぎ

ストーリーモードやイベントのムービーをちょいちょい見てます。
ちびキャラのモーションが好きなんだよ。運営さんグッジョブ。

で、ふと思った。

「あ、そっか。保存しておけばローカルで見れるじゃん。
 数は多いけど Flash だから容量も軽いし余裕でいけるだろ」

思い立ったら即行動。これより保存作業を開始する!

―――― 数分後。


ヽ(`Д´)ノ< ぬぐずぅぉぉおっ! めんどくさっ!!


面倒くさがりで飽きっぽい騎士が今日もアヴァロンを守っています。

ところで。

次の聖戦に使うジョブとマテリアルをどうしようか悩み中。召喚獣が使えるのであれば

・武具を火属性で揃える(足りない分は光属性で補う)
・召喚獣を《炎帝イフリート》に設定しておく
・聖戦が始まったら《サモンリザーブ》をかける
・勲章数アップ系の補助魔法をかける
・イフリートが召喚されたら《スレイブマジック》で叩く

次の敵って邪氷騎士団だし、ちょうどいいかなと思って。
ひとまずこれで試してきます。結果報告は来週あたりに。


吉里吉里/KAG:配列の中身をシャッフルする  

2013-10-18
2017-06-14
cm0
tb0

吉里吉里/KAGちょいネタシリーズ。

配列のシャッフルについて書こうと思っていたんだけれども
どうにも上手い説明が思いつかなくて悩んでいた。

結局、思いつかなかったのでスクリプトだけ書いときます。
コピペしてご利用ください。



スクリプト


// 引数 arr には配列変数が入る
// i = 配列の長さ
// j = 入れ替え元の配列の添字
// t = 配列の最後の添字


 function Sfl( arr )
  {
   while( i )
   {
    var j = Math.floor( Math.random()*1 );
    var t = arr[ --i ];
    arr[ i ] = arr[ j ];
    arr[ j ] = t;
   }
  }



処理の流れ


1.入れ替える配列の添字( j )をランダムで決める
2.t に配列変数 arr の一番最後の添字に入ってる要素を放り込む
3.arr[ i ](後ろから二番目の添字の要素)に arr[ j ]を入れて
4.arr[ j ] t (arr の一番後ろの添字の要素)を入れる
5.これを配列の長さだけ繰り返す



欠 点


入れ替え元となる配列の添字が完全にランダムで決まるため
i = j = 0 になってしまった場合、意味のない処理をしてしまう。



使用するには


KAGシナリオ内で次のように記述します。

[eval exp="Sfl(「f.hoge」などの配列変数名)" ]


では、今回はこれにてー (´∀`*)ノシ


Author

Recent

Category

Link

Comment

Mailform

Twitter