空想曲線

吉里吉里2/KAG3でのゲーム制作に使える小ネタ置き場。ゲーム用素材も置いてます。

今日のらくがき。  

2011-02-28
-0001-11-30
cm0
tb0
ピノコはどうしてあんなに可愛いのだろうか(´Д`*)



天才外科医に毎日ボ●カレーを食べさせる奥たんなのよさ。

吉里吉里/KAG:ズームプラグインで遊ぼう  

2011-02-27
2017-06-16
cm0
tb0

KAG3フォルダ内の plugin に入っている「zoom.ks」。
レイヤを拡大縮小しながら表示または消去させるプラグインです。

小酒井不木作品集ではスタッフロールに使用したのですが
普通の使い方しかしていないので、少し遊んでみることに。
使用するのは fgzoom の方です。

▼続きを読む▼

「ファタモルガーナの館」  

2011-02-24
-0001-11-30
cm0
tb0
サークル「Novectacle」様から今夏リリース予定の同人ゲーム。
西洋浪漫サスペンス、オムニバス形式のヴィジュアルノベルです。
面白いという噂を聞きつけ、さっそく体験版をDLしてきました。

Novectacle様のHPはこちらから
ファタモルガーナの館
バナーから溢れ出す女中さんの美しさ

いや、ホントにすごい。
シナリオ、演出、グラフィック、音楽、UIの全てにおけるクオリティの高さが半端ないです。
作品を構成する要素が見事なまでに融合しており、独自の世界観を生み出しています。
予想を遥かに上回る面白さでしたヽ(*´∀`)ノステキな作品に出会えて幸せ。
サスペンスなので少し怖い場面もあるけど、むしろ大好きなので無問題。
あああ……続きがものすごく気になる。
完成版のリリースが待ち遠しい作品です。

ちなみに体験版では一章分を丸々プレイできます。
CG閲覧・BGM鑑賞・裏話などおまけも充実。
また、裏話では本編の語り手である謎の女中さんと
館に住み続ける謎のヒッキー男の楽しいメタ話を見ることができます。
本編のシリアス具合はいずこへ……というくらいにはっちゃけてます。
こういうお遊び要素も大好きです。

それにしても、「彼」は情けな系男子筆頭ですね。
誰にでもいい顔してるからあんな事に……怖い怖い。

「真・女神転生SJ」  

2011-02-17
-0001-11-30
cm0
tb0
デミなんとかさん撃破記念ε=\_○ノ イヤッホーゥ!
▼続きを読む▼

バレンタインデーなので。  

2011-02-14
-0001-11-30
cm0
tb0
たまには真面目に絵を描こう。
変なパンダばかり描いてるワケじゃないんだぜ、ということで。



全力で媚びてみました☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
「’s」を入れ忘れて急いで直したのはナイショだ。
しかも、あと2時間くらいで14日終わるやん。

↓おまけもあるよ
▼続きを読む▼

「密室の鍵貸します」読了  

2011-02-10
-0001-11-30
cm0
tb0
東川篤哉の長編推理モノ第一作目。

「謎解きはディナーのあとで」をきっかけに著者の作品を読み漁り始めました。
随所にお笑い要素が散りばめられており、なおかつその中に
伏線がさりげな~く紛れ込んでいるというクセモノです。
油断していると作者の罠にハマッてたりして。
もっと早く読んでおけばよかったと後悔。好きな作風です。
▼続きを読む▼

吉里吉里/KAG:キャラクタ表示マクロ  

2011-02-06
2017-06-16
cm0
tb0

久々に吉里吉里/KAGのマクロメモ。
キャラクタの立ち絵を表示するときに使用。
表示位置は左・右・中央の3種類。200ミリ秒でフェードイン。



立ち絵表示マクロ


[macro name=立ち絵表示]
[backlay]

; 左側に表示したい
[eval exp="mp.posx=-150" cond="mp.左"]
; 右側に表示したい
[eval exp="mp.posx= 150" cond="mp.右"]
; leftはデフォルトで0、左なら-150、右なら150
; 表示する前景レイヤは何も書かなければ0

[image * storage=%file layer=%lay|0 top=0 left=%posx|0 oapcity=255 visible=true page=back]
[trans method=crossfade time=%time|200]
[wt]
[endmacro]


使い方


・中央に表示させたいなら [ 立ち絵表示 file=画像 ]
・左側に表示させたいなら [ 立ち絵表示 file=画像 ]
・右側に表示させたいなら [ 立ち絵表示 file=画像 ]

left 位置を微妙に変えたいときは posx=120 のように記述。
また、「*」で image タグの属性をすべて渡してあるので
「あ、ここの立ち絵はモノクロにしたいなー」と思ったら

[ 立ち絵表示 file=画像ファイル名 右 grayscale=true ]

と追加することが可能です。



背景もいっしょマクロ


先ほどのマクロに青字部分を追加します。


[macro name=立ち絵表示]
[backlay]

[if exp="mp.背景"]
[image storage=%bgfile layer=base page=back]
[endif]

[eval exp="mp.posx=-150" cond="mp.左"]
[eval exp="mp.posx= 150" cond="mp.右"]
[image * storage=%file layer=%lay|0 top=0 left=%posx|0 opacity=255 visible=true page=back]
[trans method=crossfade time=%time|200]
[wt]
[endmacro]



使いかた


・背景の変更が必要ない場合→[ 立ち絵表示 file=画像 ]
・背景も一緒に変更したい場合→[ 立ち絵表示 file=キャラクタ画像 背景 bgfile=背景画像 ]



項目が増えた分、少し横長になります。
複数キャラクタと背景を一緒に……となるとさらに長くなってくるので
その辺は作品に合わせて適当に改造してみてください。

次回は zoom プラグインについて書こうかなと思っとります。
使い方次第で面白い効果が作れて楽しいですヽ(*´∀`)ノ


節分  

2011-02-03
-0001-11-30
cm0
tb0
節分だ。
四の五の言わずに豆まこうぜ。

ただいま準備中……

▼続きを読む▼

Author

Recent

Category

Link

Comment

Mailform

Twitter