空想曲線

吉里吉里2/KAG3、ティラノスクリプトでのゲーム製作に使えるフリー素材、スクリプトサンプル、プラグインを配布しています。

カテゴリー:「ティラノスクリプト用プラグイン」の記事一覧

・2018/05/21|ティラノスクリプト:テーマ一括変換プラグイン用追加パーツ
・2018/04/12|ティラノスクリプト:ptext文字装飾プラグイン
・2018/02/17|ティラノスクリプト:テーマ一括変換プラグイン その6
・2018/01/30|ティラノスクリプト:テーマ一括変換プラグイン動作サンプル
・2018/01/15|ティラノスクリプト:キーフレームアニメ補助プラグイン
・2017/10/14|ティラノスクリプト:テーマ一括変換プラグイン その5
・2017/10/13|ティラノスクリプト:linkタグ拡張プラグイン
・2017/09/09|ティラノスクリプト:テーマ一括変換プラグイン その4
・2017/08/23|ティラノスクリプト︰テーマ一括変換プラグイン その3 スライダー版
・2017/07/30|ティラノスクリプト:ptext-align プラグイン v100 公開

古い記事一覧へ ≫

ティラノスクリプト:テーマ一括変換プラグイン用追加パーツ  

※03~06のサムネ画像の文字を修正しました(Unlocked → Locked)
 5/26以前にDLされた方は、お手数ですが再DLをお願いいたします。

現在配布中のテーマ一括変換プラグインと同じデザインで
CGモードと回想モードを作るための画像素材です。
append_sample.png



収録内容


  • 背景素材(CGモード、回想モード、無地)
  • 未解放サムネイル(150x100px,210x140px,300x200px)
  • ページ移動ボタン(通常/ホバー)
  • 編集用のpsdファイル(テーマ04,05のみ)



使いかた


任意のフォルダに必要な素材を配置すればおっけいです。
CGモードの作成については公式サイトを参考になさってください。

1ページあたりに表示するサムネイルの数に応じて
簡単にレイアウトが組めるよう参考画像を同梱しました。
ご活用いただければ幸いです。



ダウンロード


ご利用の際は《素材利用規約》をご確認くださいますよう お願いいたします。



追加パーツその1


cgmode_01c.png

テーマ一括変換プラグインその1追加パーツをダウンロード



追加パーツその2


cgmode_02c.png

テーマ一括変換プラグインその2追加パーツをダウンロード



追加パーツその3


append_theme03_sample.png

テーマ一括変換プラグインその3追加パーツをダウンロード



追加パーツその4


append_theme04_sample.png

テーマ一括変換プラグインその4追加パーツをダウンロード



追加パーツその5


append_theme05_sample.png

テーマ一括変換プラグインその5追加パーツをダウンロード



追加パーツその6


append_theme06_sample.png

テーマ一括変換プラグインその6追加パーツをダウンロード



更新履歴


2018.05.26 03, 04, 05, 06 のサムネイルを差し替え
2018.05.21 公開


ティラノスクリプト:ptext文字装飾プラグイン  

ptext タグで表示する文字列に装飾をつけるプラグインです。
プラグイン機能が使用できるティラノスクリプトでご利用ください。
ptext装飾プラグイン_サンプル画像



導入方法


1.ptext_deco フォルダを plugin フォルダ内に配置します
2.first.ks の最初のほうに[ plugin name="ptext_deco" ]と書きます



つかいかた


ptext タグの name 属性に使用したい文字装飾のクラス名を書きます。
たとえば破線の赤(.dotted_red)を使用したいときは以下のように記述します。

[ ptext layer="0" x="0" y="0" name="dotted_red" text="任意の文字列" ]

装飾の種類については同梱の「文字装飾一覧.txt」とサンプル画像をごらんください。



プラグインのダウンロード


最新版は v100 です(ファイルの末尾がバージョン番号となっています)
ご利用の際は《素材利用規約》をご確認くださいますよう お願いいたします。

ptext装飾プラグインv100をダウンロード



更新履歴


2018.04.12 v100公開

ティラノスクリプト:テーマ一括変換プラグイン その6  

テーマ一括変換プラグインその6_サンプル
ティラノスクリプト v440 以降でご利用いただけるプラグインです。
システム画面まわりのデザインを丸ごと入れ替えることができます。



動作サンプル


実際にティラノスクリプトに組み込んだものをサンプルとしてアップしています。
PCからでもスマートフォンからでもご覧いただけます(Chrome推奨)。

リンク:テーマ一括変換プラグイン動作サンプルのページヘ移動する



プラグインの適用範囲


  • メニュー画面
  • コンフィグ画面
  • セーブ画面
  • ロード画面
  • バックログ画面
  • メッセージウィンドウ
  • ロールボタン
  • glink タグの color パラメータ

以上8項目のデザインを変更します。



サンプル画像


※クリックで原寸大表示
テーマ一括変換プラグインその6_サンプル_メッセージウィンドウテーマ一括変換プラグインその6_サンプル_メニュー画面
テーマ一括変換プラグインその6_サンプル_セーブ画面テーマ一括変換プラグインその6_サンプル_コンフィグ画面



プラグインの導入方法


下記のテキストリンクからどうぞ

リンク:「ティラノスクリプト テーマ一括変換プラグインの導入方法」の記事を読む



プラグインのダウンロード


最新版は v100 です(ファイルの末尾がバージョン番号となっています)
ご利用の際は《素材利用規約》をご確認くださいますよう お願いいたします。

テーマ一括変換プラグインその6をダウンロード(zipファイル約450KB)


同デザインでCGモード等が作成できる追加パーツも配布していますのでご利用ください。
ダウンロードはこちらから → リンク:テーマ一括変換プラグイン用追加パーツ



更新履歴


2018.02.17
 v100公開

ティラノスクリプト:テーマ一括変換プラグイン動作サンプル  

現在、配布中のテーマ一括変換プラグインの動作サンプルを作りました。
ゲームに組み込んだときの雰囲気がつかみやすくなると思いますので
ダウンロード前に一度おためしください (*´∀`*)ノ


▼見てみたいデザインをクリックすると始まります

上記のサンプルが動かない方はこちらからどうぞ


テーマ3の縦長画面とスライダー版は収録しておりませんのでご了承ください。
また、動作サンプルからダウンロードページに移動できないときは下記のリンクからどうぞ!

リンク:テーマ一括変換プラグインその1のダウンロードページヘ
リンク:テーマ一括変換プラグインその2のダウンロードページヘ
リンク:テーマ一括変換プラグインその3のダウンロードページヘ
リンク:テーマ一括変換プラグインその4のダウンロードページヘ
リンク:テーマ一括変換プラグインその5のダウンロードページヘ
リンク:テーマ一括変換プラグインその6のダウンロードページヘ


ティラノスクリプト:キーフレームアニメ補助プラグイン  

キーフレームアニメを簡単に扱えるようにしたプラグインです。
汎用性が高そうなアニメーションを思いついただけ放り込みました。
ティラノスクリプトv440以降でご利用いただけます。
kanimacro_sample.jpg



動作サンプル


別タブを開いて見る場合はこちらから



導入の仕方


▼作業手順
1.data > others > plugin フォルダを開く
2.kanimMacro フォルダを配置
3.シナリオファイルを開き、[ plugin name="kanimMacro" ] と記述

これ以降、独自マクロの使用が可能となります。



使いかた


▼作業手順
1.アニメーションさせたい画像を読み込む
2.アニメーションの種類をえらぶ
3.マクロを記述する

たとえばレイヤ1に test.jpg を読み込み、ズームインしながら登場させたい場合は

; 画像をレイヤ1に読み込む
[ image layer="1" storage="test.jpg" top="100" left="100" ]
; ズームインしながら登場するマクロを実行
[ zoom_in layer="1" ]

この2行でおわりです。



パラメータについて


すべてのマクロに以下のパラメータがありますが必須ではありません。
何も書かなければレイヤ0に読み込まれた画像すべてがアニメーションの対象となります。


name
名前の指定
layer
レイヤの指定(def=0)
time
アニメーションにかける時間


使用できるアニメーション


1回のみ再生(count=1)


zoon_in
拡大しながら登場・その1
zoom_out
縮小しながら退場・その2
zoom_in_bounce
拡大しながら登場・その2
zoom_out_bounce
縮小しながら退場・その2
open_vertical
上下に開く・その1
close_vertical
上下から閉じる・その1
open_vertical_bounce
上下に開く・その2
close_vertical_bounce
上下から閉じる・その2
open_horizontal
左右に開く・その1
close_horizontal
左右から閉じる・その1
open_horizontal_bounce
左右に開く・その2
close_horizontal_bounce
左右から閉じる・その2
rotate_r90
右に90度回転
reset_rotate_r90
右に90度回転した状態から戻る
rotate_r180
右に180度回転
reset_rotate_r180
右に180度回転した状態から戻る
rotate_r270
右に270度回転
reset_rotate_r270
右に270度回転した状態から戻る
rotate_r360
右に360度回転
reset_rotate_r360
右に360度回転した状態から戻る
rotate_l90
左に90度回転
reset_rotate_l90
左に90度回転した状態から戻る
rotate_l180
左に180度回転
reset_rotate_l180
左に180度回転した状態から戻る
rotate_l270
左に270度回転
reset_rotate_l270
左に270度回転した状態から戻る
rotate_l360
左に360度回転
reset_rotate_l360
左に360度回転した状態から戻る
rotate_zoom_in
拡大+右2回転で登場
rotate_zoom_out
縮小+左2回転で退場



永続的に再生(count=infinite)


start_float
ふわふわ開始
stop_float
ふわふわ停止
start_blink
点滅開始
stop_blink
点滅停止
start_zoom
ズーム開始
stop_zoom
ズーム停止
start_rotate_zoom
ズーム+傾き開始
stop_rotate_zoom
ズーム+傾き停止
start_rotate_x
X軸回転開始
stop_rotate_x
X軸回転停止
start_rotate_y
Y軸回転開始
stop_rotate_y
Y軸回転停止
start_rotate_z_right
Z軸回転開始(右回転)
stop_rotate_z_right
Z軸回転停止(右回転)
start_rotate_z_left
Z軸回転開始(左回転)
stop_rotate_z_left
Z軸回転停止(左回転)
start_figure_eight
8の字回転開始
stop_figure_eight
8の字回転停止
start_skew_horizontal
左右に傾斜開始
stop_skew_horizontal
左右に傾斜停止
start_skew_vertical
上下に傾斜開始
stop_skew_vertical
上下に傾斜停止
start_stretch_horizontal
横方向に伸縮開始
stop_stretch_horizontal
横方向に伸縮停止
start_stretch_vertical
縦方向に伸縮開始
stop_stretch_vertical
縦方向に伸縮停止
start_step
戦闘ステップ開始
stop_step
戦闘ステップ終了
start_dempsey_roll
デンプシーロール開始
stop_dempsey_roll
デンプシーロール終了
start_wiggle
ガタガタブルブル開始
stop_wiggle
ガタガタブルブル終了



プラグインのダウンロード


ご利用の際は《素材利用規約》をご確認下さいますようお願いいたします。

キーフレームアニメ補助プラグイン v102をダウンロード



更新履歴


2018.04.21 v102 waitタグのtimeパラメータを修正
2018.03.03 v101 start_wiggle, stop_wiggle 追加
2018.01.15 v100公開


ティラノスクリプト:テーマ一括変換プラグイン その5  

テーマプラグイン05サンプル01
ティラノスクリプト v440 以降でご利用いただけるプラグインです。
スクリプトを1行書くだけでシステム画面を丸ごと入れ替えることができます。



動作サンプル


実際にティラノスクリプトに組み込んだものをサンプルとしてアップしています。
PCからでもスマートフォンからでもご覧いただけます(Chrome推奨)。

リンク:テーマ一括変換プラグイン動作サンプルのページヘ移動する



プラグインの適用範囲


  • メニュー画面
  • コンフィグ画面
  • セーブ画面
  • ロード画面
  • バックログ画面
  • メッセージウィンドウ
  • ロールボタン
  • glink タグの color パラメータ

以上8項目のデザインを変更します。



サンプル画像


※クリックで原寸大表示
テーマプラグイン05サンプル02 テーマプラグイン05サンプル03
テーマプラグイン05サンプル04 テーマプラグイン05サンプル05



プラグインの導入方法


下記のテキストリンクからどうぞ

リンク:「ティラノスクリプト テーマ一括変換プラグインの導入方法」の記事を読む



プラグインのダウンロード


最新版は v101 です(ファイルの末尾がバージョン番号となっています)
ご利用の際は《素材利用規約》をご確認くださいますよう お願いいたします。

テーマ一括変換プラグインその5をダウンロード(zipファイル約1.4MB)


同デザインでCGモード等が作成できる追加パーツも配布していますのでご利用ください。
ダウンロードはこちらから → リンク:テーマ一括変換プラグイン用追加パーツ



更新履歴


2018.01.25
 ティラノスクリプト v460 に対応
 コンフィグ画面でオート速度のボタンが表示されなかったのを修正

2017.10.14
 v100公開


ティラノスクリプト:linkタグ拡張プラグイン  

changecolorlinkサンプル
V440から実装されたサードパーティプラグイン機能に対応したプラグインです。
導入すると link タグに機能を追加した[ changecolorlink ]タグの使用が可能となります。



このプラグインでできること


changecolorlink~endlinkで囲まれた文字列にマウスが乗ったときに
文字列の色を変更し、後ろに半透明の矩形を表示します。

今ここにマウスが乗ってますよと一目で分かるのがメリット
タッチデバイスではまるで役に立たないのがデメリットです。



導入方法


▼作業手順
1.data > others > plugin フォルダを開く
2.changeColorLink フォルダを配置
3.シナリオファイルを開き、[ plugin name="changeColorLink" ] と記述

これ以降、[ changecolorlink ]タグの使用が可能となります。



使いかた


基本的には link タグと同じです。
選択肢を記述した後はかならず[ s ]タグを書いて進行を止めてください。


[ changecolorlink storage="test.ks" target="*001" ]表示したい文字列[ endlink ][ s ]



パラメータについて


changecolorlinkタグには10個パラメータがあります。
お好みに合わせて調整してやってください。

storage
クリックしたときにジャンプするシナリオファイル名
target
クリックしたときにジャンプするラベル名
fontcolor
マウスが乗ったときの文字の色(0xRRGGBB)※def=0xFFEB00
rectcolor
マウスが乗ったときの矩形の色(0xRRGGBB)※def=0x0273BF
opacity
矩形の不透明度(0~255)※def=200
round
矩形の四隅を角丸にするか(true or false)※def=false
exp
クリックしたときに実行するJS式
name
名前の指定
enterse
マウスが乗ったときに再生する音声ファイル名
ファイルはsoundフォルダに配置してください
clickse
クリックしたときに再生する音声ファイル名
ファイルはsoundフォルダに配置してください



プラグインのダウンロード


最新版は v101 です(ファイルの末尾がバージョン番号となっています)
ご利用の際は《素材利用規約》をご確認くださいますよう お願いいたします。

link拡張プラグインをダウンロード(zipファイル約4KB)



更新履歴


2017.10.13 v100 公開
2017.10.24 v101 exp,name,enterse,clickseパラメータ追加

ティラノスクリプト:テーマ一括変換プラグイン その4  

ティラノスクリプト v440 以降でご利用いただけるプラグインです。
スクリプトを1行書くだけでシステム画面を丸ごと入れ替えることができます。
テーマ一括変換プラグインその4サンプル_01



動作サンプル


実際にティラノスクリプトに組み込んだものをサンプルとしてアップしています。
PCからでもスマートフォンからでもご覧いただけます(Chrome推奨)。

リンク:テーマ一括変換プラグイン動作サンプルのページヘ移動する



プラグインの適用範囲


  • メニュー画面
  • コンフィグ画面
  • セーブ画面
  • ロード画面
  • バックログ画面
  • メッセージウィンドウ
  • ロールボタン
  • glink タグの color パラメータ

以上8項目のデザインを変更します。



サンプル画像


※クリックで原寸大表示


テーマ一括変換プラグインその4サンプル_02テーマ一括変換プラグインその4サンプル_03
テーマ一括変換プラグインその4サンプル_04テーマ一括変換プラグインその4サンプル_05
テーマ一括変換プラグインその4サンプル_06



プラグインの導入方法


下記のテキストリンクからどうぞ

リンク:「ティラノスクリプト テーマ一括変換プラグインの導入方法」の記事を読む



プラグインのダウンロード


最新版は v101 です(ファイルの末尾がバージョン番号となっています)
ご利用の際は《素材利用規約》をご確認くださいますよう お願いいたします。

テーマ一括変換プラグイン theme_kopanda_04 をダウンロード


同デザインでCGモード等が作成できる追加パーツも配布していますのでご利用ください。
ダウンロードはこちらから → リンク:テーマ一括変換プラグイン用追加パーツ



更新履歴


2018.01.25
 ティラノスクリプトv460に対応
 コンフィグ画面でオート速度のボタンが表示されなかったのを修正

2017.09.09
 v100公開


ティラノスクリプト︰テーマ一括変換プラグイン その3 スライダー版  

現在、配布しているテーマ一括変換プラグインその3のアレンジ版となります。
ご利用にはサードパーティプラグイン機能に対応したティラノスクリプトが必要です。

▼通常版をダウンロードしたい方はこちらへ▼
リンク:テーマ一括変換プラグインその3のダウンロードページヘ



通常版との違い


ダイアログのデザイン


テーマ一括変換プラグインその3サンプル1
テーマに合わせたデザインになっています。
自分で改造したい方には黒豆さんが制作された《ダイアログカスタマイズプラグイン》がおすすめです(※現在は配布されていません)。



コンフィグ画面のデザイン


テーマ一括変換プラグインその3サンプル2
音量調節とテキスト速度の調節をスライダーに変更しています。
未読スキップはスイッチ型に変更、現在の状態をテキストで表示します。



スライダーについて


スマホなどのタッチデバイスではスライダーが動かない場合があります。
これについては touch-punch プラグインを導入することで解消されます。

リンク:touch-punch プラグインのダウンロードページヘ

plugin フォルダと同じ階層に jquery.ui.touch-punch.min.js を配置した後
init.ks を開き、以下のスクリプトを追加してください。


[ loadjs storage="jquery.ui.touch-punch.min.js" ]



ダウンロード


ご利用の際は《素材利用規約》をご確認くださいますよう お願いいたします。
不具合報告やご質問はブログコメントかメールフォームからどうぞ。

テーマ一括変換プラグインその3スライダー版をダウンロード


※2017.08.23 差し替え素材からプラグインに変更しました。
 差し替え素材のみが欲しい方は個別に対応しますのでご連絡くださいませ。

ティラノスクリプト:ptext-align プラグイン v100 公開  

ptext,mtext タグの補助プラグインです。
テキストの中央揃えなどが簡単にできるようになります。


170730_001.jpg
180730_002.jpg
170730_003.jpg
※上記のテキスト装飾は css を追加することで実装が可能です。詳しくはまた後日。



指定できるのは以下の9箇所となっています(微調整可)。
公式の width パラメータは併用できますが align は無効化されますのでご注意ください。
早見表



プラグインのダウンロード


ご利用の際は《素材利用規約》をご確認下さいますようお願いいたします。

ptext-align プラグインをダウンロード(zipファイル約41KB)


プラグインの導入方法については同梱の「使いかた.txt」とサンプルシナリオにて。
不具合やご質問などがありましたらメールフォームからお知らせください。


Author

Recent

Category

Link

Comment

Mailform

Twitter